ここから本文です

【NFL】 ライバルからも絶賛される49ersのDEバックナー

7/7(金) 12:26配信

NFL公式サイト日本語版

2年目のシーズンを迎えるサンフランシスコ・49ersのディフェンシブエンド(DE)ディフォレスト・バックナーには相当な期待が寄せられている。同地区ライバルチームのシアトル・シーホークスに所属するDEマイケル・ベネットもバックナーには賛辞を送った。ベネットは今オフシーズンにハワイでバックナーと共にワークアウトを行っている。

【2016年第17週】シーホークス対49ers

ベネットはハワイの地方番組『KHON-TV』の中で「ディフォレストのような選手とワークアウトを一緒に行えたことはラッキーだった。彼はいずれ年間守備選手賞を獲得する選手になる。ディフォレストにはそれくらいの才能があるんだ。彼みたいに卓越した選手はなかなかいない。普通の選手ではないんだ。彼の身体能力、スピードは群を抜いている。ディフォレストのプレーは普通にできるようなものではないが、彼は普通にそれをやってのける。普通の選手にとってはディフェンスのMVP獲得は無理な話だ」と語っている。

2016年のドラフト全体7位で指名を受けたバックナーの身体能力はずば抜けている。身長約2m、体重約136kgと恵まれた体格の持ち主でありながら、素早い身のこなしで相手を封じ込めるバックナー。確かにバックナーほどの選手はリーグにおいてもなかなか見つけられない。

ルーキーイヤーから同チームでトップクラスのディフェンシブプレーヤーとなった同選手はしばしば酷使される場面も目立った。『Next Gen Stats(ネクスト・ジェン・スタッツ)』によれば、ディフェンスとスペシャルチームで同選手がこなしたスナップ数は1,067回を計上している。これはディフェンシブラインマンとしてかなり多い数字であり、新人選手としてはなおさらだろう。今シーズン、同チームのコーチ陣はバックナーへの負担を軽減するプランを立てている。

4-3のディフェンス陣形への変更がバックナーに影響を与えることはほとんどないだろう。ベネットのように、バックナーはインサイドでもアウトサイドでもその体格を生かして活躍することができる。バックナーはベネットからの賛辞に対してこのような反応を示した。

「いつか俺がリーグのMVPを獲得する選手になると言ってくれる人がいるだけでも自信になる。俺にとってはそれだけでも大きな意味があるんだ。まだまだ頑張らねばと思わせてくれるよ」