ここから本文です

杉田「出し切った」根性見せたフルセット 雪辱に燃えたマナリノに敗れる。【ウィンブルドン/全英】

7/7(金) 17:05配信

TENNIS.JP

7月6日 ウィンブルドン DAY 04

杉田祐一(三菱電機)、錦織に続く2回戦突破はならなかった。

錦織圭、松岡修造も祝福。杉田祐一ツアー優勝の快挙【アンタルヤ・オープン】

世界ランク51位のA・マナリノ(フランス)に1-6, 7-5, 6-4, 6-7 (2-7), 2-6、3時間半のフルセットに及ぶ激戦の末敗れ、惜しくも四大大会初の3回戦進出はならなかった。

「粘り強いプレーをされた。
それを打破する方法がなかった」と杉田。

対するマナリノは
「どちらが勝っても不思議ではなかった。
勝てて良かった」と。

日本男子として史上3人目のツアー初優勝の快挙を達成。
世界ランキングは松岡修造の46位を抜いて錦織圭に次ぐ日本男子歴代2位の44位を記録。
このウィンブルドンでは1回戦をストレート勝ち、グランドスラム大会初勝利をあげた杉田祐一だったが、最後は足が動かなかった。

杉田祐一 2回戦(3時間半のフルセット)

二人は4日前にトルコでのアンタルヤ・オープン決勝で対戦。
どちらも初優勝のかかる試合は杉田が6-1,7-6(4)で勝ちツアー初優勝を掴んだ。

ウィンブルドンで会ったマナリノは雪辱に燃えていて粘り強かった。
準優勝後はコーチ達から咤激励、杉田対策もあったことだろう。

一方の杉田は優勝後の移動、連戦の疲れ、メディアの対応など諸々の忙しさもあっただろう。

芝のシーズンに入り、6月5日のサービトン優勝でのイギルスから、オランダ、ドイツ、トルコ、そしてウィンブルドンと5週連続の試合。
今日は16試合目だった。

第1セットは良いことなく、1-6で落とす。
いつもより動きが鈍い。

第2セットも0-3。
ほとんどの観客は杉田の勝利はあきらめただろう。

しかし、杉田は違った。
第7ゲームをブレーク・バックした頃から流れが変わり始める。

マナリノは2013年ウィンブルドンでベスト16入りしたサウスポー。
プレースタイルはJ・マッケンローに似ている。
試合中に遅延行為などで警告を受け、主審に直接不満も口にする。
コートに倒れ、死んだふりをするのさえマッケンローに似ていた。

杉田の逆襲にマナリノは苛立ち始め、再三警告を受ける。
信じられないように、杉田が2セットを取り返した。

そして試合は第4セットに。

「あそこ(第4セット)で決めたかった。
引き離したかった。」

「マナリノもエネルギーを出してきた。
劣勢に立った時、自分の中でギアを上げられなかった。
第2セットはかなりのエネルギーを使って取れた。
が第2、3セットはリミッターを外して取りに行った。」と言う。

体力的な限界が近づき、杉田のプレーはガス欠のようになった。
その上軽い痙攣にも襲われているようだ。
精神は踏ん張ろうとしているが、体がついていかない。

気力で粘るも第4セット、第5セットを取られ敗退。

「出し切った。」と杉田。

「良いグラスコートシーズンだった。
自分のベストなプレーが出せれば、かなりの選手に勝てるという自信がついた。」

見ていたファンは、自分の体力を分けれるなら分けたいと思っただろう。
敗退してしまったが、杉田の根性が見えた試合だった。

錦織圭の3回戦は今晩19時半から

9]錦織圭 vs 18]Bautista Agut(ESP)の3回戦はコート3の第一試合となった。
大坂なおみ vs 10]V.Williams(USA)はコート1の第三試合。

塚越亘/kyoko 協力/内田暁

最終更新:7/7(金) 19:18
TENNIS.JP