ここから本文です

九州北部 8日(土)にかけて大雨続く 土砂災害に厳重警戒

7/7(金) 5:03配信

ウェザーマップ

 西日本に停滞する梅雨前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込んでいて、西日本では大気の状態が非常に不安定となっている。梅雨前線はあす8日(土)にかけて西日本に停滞するため、九州北部地方を中心に、大雨が続くおそれがある。

 九州では、断続的に雷を伴った非常に激しい雨が降っていて、特に九州北部地方では、記録的な大雨となっている地域がある。西日本では、活発な梅雨前線の影響で、あす8日(土)にかけて、九州を中心に断続的に激しい雨や非常に激しい雨が降り、大雨となる見込み。
 九州北部地方では、これまでの大雨により地盤の緩んでいる地域や、増水している河川があるため、土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要だ。

 また、落雷や竜巻などの激しい突風が発生するおそれもあるため、もくもくとした黒い雲が近づいてくる、雷鳴が聞こえる、などの現象が見られた場合は、速やかに安全な建物内へ避難するなどの安全確保が重要だ。

 ■予想雨量(あす8日(土)午前6時までの24時間・多いところ)
  九州北部地方       250ミリ
  九州南部         150ミリ
  四国地方、中国地方    100ミリ

Yahoo!ニュースからのお知らせ