ここから本文です

横浜DeNAラミレス監督、乱調・飯塚に「コントロールしきれていなかった」

7/7(金) 0:27配信

AbemaTIMES

 横浜DeNAが7月6日、対阪神11回戦に5対10で敗れた。アレックス・ラミレス監督(42)は、4回1/3を投げて99球、6失点の先発・飯塚悟史投手(20)について「スピードは悪くなかったが、コントロールしきれていなかった」と課題を指摘した。インタビューの内容は以下の通り。

―今日の試合を振り返って、まず先発の飯塚投手はどうだったでしょうか。

 序盤にもたついてしまいましたが、やはりコントロールしきれていなかったかなと思います。スピードは悪くなかったんですが、コントロールのところが良くなかったのかなと思います。

―一方打つ方は相変わらず好調に見えました。

 5点取りましたし、ヒットも10本以上打ったんですが、相手がそれよりも打ったので厳しかった。でも打線自体は悪くないと思います。

―明日以降に向けて一言お願いします。

 今日の試合に関しては結果を変えることはできないので、明日は明日、しっかり集中して強い気持ちでいきたいと思います。

最終更新:7/7(金) 0:27
AbemaTIMES