ここから本文です

沖仁「可能性が眠る宝の山」フラメンコギターの魅力を届ける/インタビュー

7/7(金) 12:01配信

MusicVoice

 フラメンコギタリストの沖仁が去る6月7日に、15周年記念アルバム『Clasico』をリリースした。それに伴い全国ツアーも開催。20代でスペインに渡りフラメンコギターを学び、2010年には、スペイン三大フラメンコギターコンクールのひとつ「第5回 ムルシア “ニーニョ・リカルド”フラメンコギター国際コンクール」の国際部門で優勝という、日本人として初の快挙を成し遂げた。そのセンスと才能で、NHK大河ドラマの音楽を手掛ける他、タモリ、福山雅治、MIYAVIなど、多彩なアーティストとのコラボでも知られている。自身の活動を通して「フラメンコギターなんて知らないと言っている人たちを振り向かせたい」と話す沖が、フラメンコギターとはどういうものか、その魅力は? どんな想いで対峙しているのか、話を聞いた。

※「Clasico」の「a」は正しくはアクサン・グラーヴアクセント符号付き

どうしてこんなに日本人くさくなるのかと、苦しんだ20代

――『Clasico』というアルバムタイトルは「伝統」という意味ですが。

 本作には、クラシックで使われるストリングスのアレンジを採り入れた曲を収録していて。それと、たとえば「禁じられた遊び」などの古くからある楽曲のカバーや、チック・コリアの「スペイン」といったジャズの古典などを収録していて、そういう古典という意味でのクラシックもありますね。それらの曲を、僕なりに料理するとこんな風になりますよ、という気持ちが込められています。

――「Tierra [ティエラ]~大地行進曲~ con 葉加瀬太郎」は、葉加瀬太郎さんと亀田誠治さんとのコラボ曲。クラシック、J-POP、フラメンコという三者の融合みたいなイメージ。メロディラインが、まさしくJ-POPという感じで、それだけキャッチーさがあるという。

 はい。でもそういうメロディは、紙一重で。デモの段階で、「J-POPの誰かが歌っていたんじゃない?」と、気になって調べたほどです(笑)。とてもスリリングな制作で、お二人は本当にすごいと思いました。パワーと仕事に対する姿勢とか、音楽を本当に愛していることがビシビシ伝わりました。

――今作では、カバーも多く収録していて。

 フラメンコギターで僕のアレンジをやったら、どういう曲でも別モノになってしまうので、みんなが知っている曲であればあるほど面白いし、「こんなに違うんだ!」という楽しみ方をしてもらえたら嬉しいです。そういう意味では、よりベタな曲のほうが面白いと思って選びました。

 でもフラメンコには、本来既存の曲をカバーするという考え方がなく、本場の人からは、それは“似非フラメンコだ”と揶揄されます。それも重々承知の上で、音楽として面白かったら良いかなと。

――沖さんとしては、似非と言われようが、様々な形で日本の多くの人にフラメンコギターを知って欲しいと。

 それはあります。フラメンコ通の人たちだけに聴いてもらおうという気持ちは、あまりなくて。聴いてもらえたら、それはそれで嬉しいですけど。むしろ「フラメンコギターなんて知らない」と言っている人たちを振り向かせたいと思っています。

――だからこそ、これまでにもMIYAVIさんなど多彩なアーティストとコラボしていて。

 そういうのが好きなんです。MIYAVIくんとは、最初に二人でスタジオに入ったときに、お互いに「どうやって弾いてるの?」って感じで教え合って。さすがに彼の弾き方はマネできませんでしたけど、彼もできなかったようで。ひとつでもテクニックを盗んでやろうと思いましたが、お互いにひとつも盗めずに終わりました(笑)。

――タモリさんとセッションしたご経験も。他に、cobaさんや東儀秀樹さんとか、SOIL&“PIMP“SESSIONSのメンバーによるピアノトリオのJ.A.Mとか。どんな音楽でも、そこに沖さんなりのフラメンコを刻むみたいな。

 と言うよりも、その人の音楽が好きなら、その人と一緒にできるという感覚です。もちろん向こうが僕に興味を持っていなければ、成り立たないですけど。お互いの音楽や人に興味があって、お互いにジャンルの枠を越えてやりたいという気持ちを共有できた時に、初めてコラボが始まるし、面白い何かが起こります。

――沖さんのフラメンコは、スペインのオリジナルのものよりも、独自のものだったりするのですか?

 結果的に、そういうものになっていると思います。20代の頃は、「スペイン人っぽく弾きたい」とばかり考えていて。「どうしてこんなに日本人くさくなってしまうのだろうか」と、とても苦しみました。でも今はまったく逆で、むしろ自分らしい音を奏でたいと思っています。結果としてスペイン人が弾くフラメンコとは似ていないと思うし、それで良いと思っています。

 もちろん20代までの、スペインのフラメンコを追求した修業時代があったからこそで。やはりフラメンコは民族音楽なので、勝手な解釈をしてはいけない。そこがポップスと大きな違いです。歴史の勉強もすごくしました。それがなければ、フラメンコギタリストとは、名乗ってはいけないと思っていて。それをやって来た自負があるからこそ、今はスペイン人と違っても良いと言えるだけの自信を持つことができたと思っています。

1/3ページ

最終更新:7/7(金) 12:01
MusicVoice