ここから本文です

釣り情報【由良川河口】スズキの釣果上向き 78cmも

7/7(金) 12:11配信

両丹日日新聞

 雨が降り、流れが出てきた由良川河口で、セイゴ、スズキがよく釣れ出した。京都府福知山市下荒河の丹後釣具店によると、2日に体長40~60センチのセイゴとスズキが10匹余り、3日にも体長30~45センチのセイゴ、4日朝には体長78センチのスズキが上がったという。エサはいずれもアオイソメ。

 スズキは体長1メートルを超えるほど大きく育つ出世魚で、60センチ未満は福知山などではセイゴと呼んでいる。由良川下流域で釣れるが、同店によると、今年は5、6月に雨があまり降らず、水量が少なかったため、例年に比べて釣果は今一つだったという。

 しかし、6月下旬から7月初旬にかけて雨が降って川の水が増え、魚が動き始めている。同店は「もう少し雨が続けば、例年の釣果に戻るかも知れません」と期待を込める。

週末の舞鶴湾の潮位

 【8日】満潮=3時1分(34センチ)、12時52分(42センチ)▽干潮=6時33分(31センチ)、20時41分(16センチ)
 【9日】満潮=3時32分(34センチ)、13時27分(43センチ)▽干潮=7時8分(31センチ)、21時17分(16センチ)

両丹日日新聞社

最終更新:7/7(金) 12:11
両丹日日新聞