ここから本文です

杉田祐一 惜敗で四大大会初3回戦ならず、初V決勝の相手にリベンジ許す<男子テニス>

7/7(金) 0:46配信

tennis365.net

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は6日、男子シングルス2回戦が行われ、世界ランク44位の杉田祐一は同51位のA・マナリノ(フランス)に1-6, 7-5, 6-4, 6-7 (2-7), 2-6のフルセットで敗れ、惜しくも四大大会初の3回戦進出とはならなかった。

【錦織らウィンブルドン対戦表】

前週のアンタルヤ・オープン(トルコ/アンタルヤ、芝、ATP250)決勝でマナリノを破りツアー初優勝を果たした杉田は、日本男子で松岡修造、錦織に次ぐ史上3人目の快挙を成し遂げた。

その勢いで今大会1回戦をストレート勝ちして四大大会初勝利をあげた杉田だったが、この日は序盤からミスを連発し、わずか26分で第1セットを落とす。第2セットも先にリードを許したが、第7ゲームでブレークバックすると息を吹き返し、セットカウント1-1に追いつく。

第3セットでは第3ゲームで得意のラリー戦からミスを誘い出してブレークすると、リードを守り勝利へ王手をかけた。しかし、第4セットではフォアハンドのウィナーなどを決めて2本のセットポイントをしのいだが、セットカウント2-2に追いつかれた。

ファイナルセットは両者一進一退の攻防から第5ゲームで痛恨のダブルフォルトが影響してブレークを許す。その後もマナリノに流れは傾き、3時間30分を超える激闘の末に力尽きた。

2006年にプロへ転向した杉田は現在28歳。今年6月に行われた下部大会のAEGON・サービトン・トロフィー(イギリス/サービトン、芝、ATPチャレンジャー)で芝の大会で初優勝すると、アンタルヤ・オープンのツアー初優勝後には世界ランキングで松岡の46位を抜いて錦織に次ぐ日本男子歴代2位の44位を記録していた。

一方、杉田にリベンジしたマナリノは、3回戦で第15シードのG・モンフィス(フランス)と対戦する。モンフィスは2回戦でK・エドモンド(英国)をストレートで下しての勝ち上がり。

tennis365.net

最終更新:7/7(金) 0:53
tennis365.net