ここから本文です

北海道で今年初の猛暑日 熱中症に注意

7/7(金) 14:20配信

ウェザーマップ

 きょう7日は全国的に気温が高く、北海道でも今年はじめて35℃以上の猛暑日となった。きょうは二十四節気の「小暑」で暑さが本格化してくる頃だが、暦どおり、広い範囲で厳しい暑さとなっている。

 きょうの北海道は日差しと暖かい空気で、道東を中心に気温が高くなっている。午後2時20分までの最高気温は、河東郡音更町で36.1℃、帯広市で35.2℃、紋別郡遠軽町で35℃ちょうどと、北海道内では今年はじめての猛暑日となった。
 そのほかも道内では広い範囲で今シーズン一番の暑さとなり、紋別郡遠軽町白滝や川上郡弟子屈町、河東郡鹿追町では、7月としては観測史上最も高い気温を記録している。
 北海道では広い範囲に高温注意情報が発表されており、熱中症などの健康管理に十分な注意が必要だ。

 また、岐阜県多治見市でも午後1時半過ぎに気温が35℃に達し、こちらも今季初の猛暑日となっている。

土曜日も暑さ続く

 あす8日も全国的に気温の高い状態が続き、特に北日本では平年よりも10℃以上高い所がある見込み。

■8日の予想最高気温
 35℃ 福島
 34℃ 一関(岩手)、熊谷(埼玉)、秩父(埼玉)、
    さいたま、名古屋、岐阜、奈良
 33℃ 帯広(北海道)、盛岡、山形、宇都宮 甲府、
    京都、日田(大分県)など
 32℃ 米沢(山形)、東京、松本(長野)、大阪、
    鳥取、佐賀、鹿児島 など

最終更新:7/7(金) 14:30
ウェザーマップ