ここから本文です

【動画】引き続き大雨に警戒 九州北部地方 さらに150ミリの雨(7日18時更新)

7/7(金) 17:50配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 九州北部地方・九州南部・中国地方では引き続き大雨に警戒が必要です。

 九州北部地方では、5日(水)からの雨量が600ミリを超える記録的な大雨となっている地域があります。これは梅雨のこの時季の2~3か月分に相当する雨が3日間で降ったことになります。

 今後もさらに雨が降り続く見込みで、8日(土)の夕方にかけて24時間に予想される雨量は、いずれも多いところで
  九州北部地方、九州南部         150ミリ
  中国地方                100ミリ
となっています。九州北部地方では、これまでの大雨により地盤の緩んでいる地域があります。九州北部地方を中心に、8日(土)にかけて土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

 8日(土)は九州~中国~四国地方で朝から雨が降ったり止んだりとなり、福岡では夕方頃に再び雨のピークとなりそうです。大雨に警戒が必要です。

 天気は西日本はくもりや雨のところが多く、東・北日本は晴れ間が出るでしょう。名古屋の日中の気温は35℃の予想で、名古屋では今年初の猛暑日となりそうです。
(気象予報士・崎濱綾子)

最終更新:7/7(金) 18:07
ウェザーマップ