ここから本文です

ロコモコとセブンが「7.11」に激突!

7/7(金) 9:48配信

ニュースイッチ

その他にもいろいろあるぞ!

 日本マクドナルド、すかいらーく、ローソンは米ハワイ州観光局公認商品を11日に発売する。ハワイ発祥の料理「ロコモコ」をテーマに、ハンバーガーやサラダなどを各社が開発した。

 日本マクドナルドのサラ・L・カサノバ社長は「ハワイの空や太陽のイメージが沸くバーガー」と話し、竹増貞信ローソン社長は商品とともに「ハワイの風を店内で感じてほしい」と来店をアピール。すかいらーくはガスト店舗で、チーズ入りハンバーグと組み合わせたロコモコ丼を販売する。同社の谷真社長は「外食市場全体の活性化につながれば」と連携に期待した。

 日本記念日協会はハワイ州観光局の申請を受け、「夏のいい日」の語呂合わせで7月11日を、「ロコモコ開きの日」に認定した。

 一方、セブン―イレブン・ジャパンは7月11日を「セブン―イレブンの日」として日本記念日協会に申請し、登録された。セブン―イレブンという名称は創業時、「朝7時から夜11時」に営業していたことに由来している。登録を記念し、同社の「THE セブンシュー」を使ったチロルチョコ(消費税込み35円)や、おにぎり「具たっぷり手巻ツナマヨネーズ」をイメージしたポテトチップス(同152円)などを発売した。

「ラーメンの日」でもあった

 日本記念日協会のホームページによると、7月11日は「ラーメンの日」「ユニバーサルデザインフード」の日でもある。セブン-イレブンはこのほか、辛さ7倍の「わさビーフ」や、11種類の味に変化するのど飴なども発売。来年は「711倍」や「711個入り」といった商品を出しくるか?