ここから本文です

世界最大級の自主映画コンペ“PFFアワード2017”入選作品が決定!

7/7(金) 12:00配信

ぴあ映画生活

第39回ぴあフィルムフェスティバルのメインプログラムで、世界最大級の自主制作映画のコンペティション“PFFアワード2017”の入選作品が発表になった。今年は全国から548作品の応募があり、4か月の審査を経て、17本の入選作が決定した。

PFFアワード2017 作品画像

PFFは、通常の映像コンペに設けられる年齢、プロアマ、上映時間などの制限を一切排し「過去1年以内に制作された未公開作品」であれば、どんな作品も受け付けるコンペティションで、応募された作品は、1作品につき“最低3人以上で必ず最初から最後まで1分1秒もらさず観る”というルールで審査を実施し、一次通過作品を審査員全員で審査した後に入選作品を決定している。

今年は入選監督の平均年齢が24.4歳で、ここ数年で最も若く、60分以上の長編映画が多いのが特徴。PFFの荒木啓子ディレクターは「学校での映画製作と、個人映画としての自主映画と、表裏一体の時代がやってきた感触と同時に、自主映画の、個々の目指すところの拡散も悩みも溢れます。どこを目指して、誰と、何を創るのか? 逆に言えば、映画に向かう環境は無法地帯へと更に近づいています。このやりたい放題な場所への道がどこまで伸びていってくれるのか、未来が更に楽しみで仕方のないセレクション期間でした。同時に、3月から7月まで4か月に渡るセレクション期間、ご応募いただいた皆様をお待たせしない方法をあれこれ検討しながらも、この時間が“観る”ということに必要なのだとも改めて確認しました」とコメントを寄せている。

17作品は、9月16日(土)から東京国立近代美術館フィルムセンターで開催される“第39回PFF”で上映され、最終日の9月29日(金)に、最終審査員らによって各賞が発表される。

■「PFFアワード2017」入選作品 ※作品名五十音順
『あみこ』66分 監督:山中瑶子
『うつらうつら』36分 監督:高橋カンナ
『円の網』48分 監督:本村花菜
『同じ月は見えない』105分 監督:杉本大地
『かえりみち』48分 監督:大浦美蘭
『狐のバラッド』85分 監督:藤田千秋
『子どものおもちゃ』52分 監督:松浦真一
『さようなら、ごくろうさん』43分 監督:城 真也
『情操家族』83分 監督:竹林宏之
『赤色彗星倶楽部』82分 監督:武井佑吏
『沈没家族』72分 監督:加納 土
『春みたいだ』33分 監督:シガヤダイスケ
『風船』27分 監督:中尾広道
『ブンデスリーガ』65分 監督:太田達成
『やさしいフルスイング』75分 監督:尾崎 健
『蝋石』29分 監督:門脇康平
『わたしたちの家』80分 監督:清原 惟

第39回PFFぴあフィルムフェスティバル
9月16日(土)から29日(金)まで ※月曜休館
会場:東京国立近代美術館フィルムセンター(東京都中央区京橋)

最終更新:7/7(金) 12:00
ぴあ映画生活