ここから本文です

実家暮らし芸人、母からの直筆の手紙に反抗

7/7(金) 23:40配信

ニッポン放送「しゃベル」

6月30日(金)深夜放送の「三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)」で、ラジオを聞いていた相田の母が番組のトーク内容を聞いて心配になり、直筆の手紙を送っていたことが紹介された。

これまで相田は番組内で、1人暮らしをしようとしていることを度々話してきた。高級住宅地で18畳の床暖房付きの物件をチェックしたり、家賃16万円で駅から徒歩3分、42平米、ウォシュレット付き、浴室乾燥機付きの優良物件を内見しに行こうとして、小宮から「目を覚ませ」「それはやり過ぎだ!」と止められていた。

また、相田は一緒に暮らしている母親にまつわる話も何度か紹介していて、朝は起こしてもらったり、ご飯や洗濯もしてもらっていることもラジオで話してきた。そんな相田の母親が、「三四郎のオールナイトニッポン0(ZERO)」で“高額物件の1人暮らし”について話した回を聞いたそうで、引っ越しを心配する内容の手紙が届いたという。

相田:家に帰ったら、部屋の前に母親からの手紙があって。メールじゃなくてA4の紙に直筆でびっしり書いてあった

小宮:えーやばー

相田:同じ家にいるのに

小宮:事件の始まりだ!

相田:手紙に『ラジオを聞きました。1人暮らしすると言っていましたが本当ですか?20万の部屋にしようか迷っていると言っていましたが、本当ですか?』って、とりあえず質問ばっかりなの

小宮:手紙で?質問は口頭の方がいいのに

相田:それから『1人暮らしとは家賃はもちろん、ガス代、水道代、電気代、交通費や飲み代、その他雑費もかかります』って

小宮:まじめだな~。まぁお母さんとしては母心だよね

相田:分かることばかり書いてあって、『当然実家にもお金は入れてもらいます』とか

小宮:まぁまぁ、普通はそうだもんね

相田:それから、『確定申告をしたので、周二のもらっているお給料はだいたい把握しています。ある程度安定した職業ならまだしも、あなたの職業に安定はありません。そこまでして、1人暮らしをしなくてもいいとは思うのですが。“それでも1人暮らし、あなたはしますか?”』って選択を迫ってきて、めちゃくちゃ腹が立った

この手紙の内容を聞いた小宮は「優しい。お母さんは心配しているんだよ」と言ってなだめたが、相田は「勝手にラジオで情報を仕入れて、活字で責めてきた!」と反抗期さながらに言い、自宅でとある行動をとったことを暴露。そして「今回は許すけど、次回はマジで許さないから!!」と母親への不満を叫んでいた。

番組終了後、相田はTwitterで「今日は手紙ありませんでした」と母からの手紙が無かったことを写真付きで報告。すると、「お母さんの周二大好きっぷり、最高」「お母さんの話おもしろかった」「まじで中学生の様」と、お母さんに素直になれない相田の反抗期トークは好評だったようだ。

ニッポン放送