ここから本文です

JR東日本、10月ダイヤ改正 常磐線の品川発着増発、上野東京ライン車両増結

7/7(金) 15:34配信

乗りものニュース

「ひたち」「ときわ」品川発着列車を増発

 JR東日本は2017年7月7日(金)、常磐線の品川発着列車増発や混雑緩和を中心としたダイヤ改正を、10月14日(土)に実施すると発表しました。

【画像】ダイヤ改正で常磐線特急の本数はどう変わる?

 上野東京ラインでは、早朝時間帯に、常磐線の土浦方面から品川行きの普通列車2本が運転されます。朝通勤時間帯の上り品川行きは、現在は取手、成田発の快速電車5本が運行されていますが、ダイヤ改正後は特急列車1本と土浦方面からの普通列車4本、快速電車5本に増えます。なお、品川行き快速電車のうち2本はダイヤ改正後も成田始発です。

 上野駅を17時台から22時台までに出発する常磐線下り列車は、1時間あたり6本(特急列車2本、土浦方面への普通列車2本、快速電車2本)が品川始発に。そのうち1本の快速電車は成田行きとして運転されます。

 常磐線の特急「ひたち」「ときわ」は、上野発着の一部列車を品川発着に延長。これにより品川発着の常磐線特急は現行44本から60本(土休日62本)に増加し、日中から夜の最終列車まで30分間隔になります。

 なお、早朝、深夜の特急「ときわ」は、一部列車で始発、終着駅を変更。また、現在の「ときわ56号」「ときわ85号」「ときわ91号」と、「ときわ58号」の土休日は運転を取り止めます。「ひたち23号」「ひたち25号」「ひたち27号」は土浦が通過に変更されます。

上野東京ライン車両増結 東北本線・黒磯~郡山間は輸送体系変更

 このほか、平日に運転されている以下の普通列車で、編成が現在の10両から一部区間で15両に変更され、混雑緩和が図られます。

・熱海5時18分発→東京7時17分着→高崎9時10分着
 熱海~籠原間が15両編成に。
・高崎5時21分発→東京7時18分着→国府津8時36分着
 籠原~国府津間が15両編成に。
・伊東18時44分発→東京20時59分発→籠原22時16分着
 国府津~籠原間が15両編成に。

 東北本線では、黒磯駅で実施している信号・電力設備改良工事にともない、黒磯~新白河間の車両がE531系交直流電車やキハ110系ディーゼルカーに変更されます。新白河では一部列車を除き、同一ホームで黒磯方面と郡山方面の列車が接続します。

乗りものニュース編集部

Yahoo!ニュースからのお知らせ