ここから本文です

富士山 入山料徴収所近くで別の募金

7/6(木) 10:39配信 有料

山梨日日新聞

登山者間違え支払い

 富士山5合目の富士山保全協力金徴収場所近くで今月1、2の両日、自然保護や動物愛護を目的に募金を呼び掛ける団体が活動し、登山者1人が協力金の徴収と誤って支払っていたことが5日、分かった。県は活動場所の変更を求めるとともに、登山者に注意を呼び掛けている。
 県世界遺産富士山課によると、1日は都内の「NPO団体」メンバーを名乗る男女3人前後のグループが、5合目周辺で「自然保護」「動物愛護」などと書かれた募金箱を持ち、寄付を呼び掛けた。登山者から県に「協力金と混同しそうになった」と指摘があり、現地の職員が移動を求めた。
 同グループは2日も徴収場所近くで活動し、登山者1人から「協力金と間違えて支払った」と報告があった。県は5日までに、5合目休憩所内に「募金活動は協力金と一切関係ない」と張り紙をし、富士登山オフィシャルサイトに同じ内容の文章を掲載した。
 同課担当者は「5合目での募金活動は禁止されていないが、協力率アップに向けて呼び掛けを強化しているので、紛らわしい。協力金の徴収とは一切関係ない」と話している。本文:864文字 この記事の続きをお読みいただくには、世界遺産「富士山」 on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    486円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    432円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

最終更新:7/31(月) 16:34
山梨日日新聞