ここから本文です

キャンドルのほのかな光 節電訴え 岡山で「七夕ライトダウン」

7/7(金) 23:48配信

山陽新聞デジタル

 夜間に照明を消して節電を呼び掛ける「七夕ライトダウンinおかやま2017」(岡山市など主催)が7日、同市北区柳町の山陽新聞社さん太広場などで行われた。

 同広場では、階段などに並んだ約500本のキャンドルに火がともされ、同市のグループ3組がジャズやアイルランド音楽を披露。家族連れら約500人が訪れ、夜風にゆらめくキャンドルの前でコンサートを楽しんだ。

 午後8時、カウントダウンで広場の照明が落とされると、闇の中にほのかな明かりが浮かび上がり、幻想的なムードに包まれた。同市東区、主婦(40)は「これだけたくさんのキャンドルが並ぶととてもきれい。買い物でレジ袋を使わないなどできることからエコに取り組みたい」と話していた。

 地球温暖化防止のために環境省が提唱する全国キャンペーンの一環。岡山城(同市北区丸の内)など市有41施設が屋外照明を落とし、市役所筋の民間企業も看板の明かりを消すなど協力した。