ここから本文です

住宅に女性遺体…5月から連絡取れず 室内に息子、死体遺棄か/八潮

7/7(金) 23:30配信

埼玉新聞

 7日午前11時15分ごろ、埼玉県八潮市西袋の住宅で、80代の女性が死んでいるのを、安否確認のため訪れた草加署員と市の職員が発見した。世帯主の女性(88)と連絡が取れておらず、同署は女性とみて身元の確認を進めている。家の中には女性と同居する50代の息子がいたという。

 同署によると、遺体に外傷はなく、死後数日が経過しているとみられる。着衣に乱れはなく、室内が荒らされたような形跡もなかった。

 7日午前9時15分ごろ、市職員から「女性と連絡が取れない」と同署に通報があった。草加署員と市職員が木造2階建ての女性方を訪問。呼び鈴を鳴らしたが応答がなかったため、業者が立会い、合鍵で家内に入ったところ、2階居室で横たわっている女性の遺体を発見した。市は5月ごろから連絡が取れていなかったという。

 女性は50代の息子と2人暮らし。息子は家の中にいて、遺体については意味不明なことを話しているという。同署は息子が死体を遺棄した可能性もあるとみて調べている。

最終更新:7/7(金) 23:54
埼玉新聞