ここから本文です

野球解説者の森本稀哲氏、現役時代の得意投手が続々とチームメイトになる思い出紹介

7/7(金) 12:51配信

AbemaTIMES

 元プロ野球選手で野球解説者の森本稀哲氏が、自身がよく打っていた相手ピッチャーとみんな同じチームになってしまったというエピソードを披露した。

 7月6日に、AbemaTVの横浜DeNA対阪神11回戦の中継で解説を務めた森本氏は、自身が得意としていたピッチャーに話が及ぶと「相性が良かったのは、ハマの番長三浦大輔さん、清水直行さん、山本省吾さん」と3人の名前を挙げた。続けて、「みんな横浜に集合してしまったという」と笑った。

 森本氏が日本ハムから横浜DeNAに移籍したのが2011年。三浦氏は横浜一筋で、清水氏は千葉ロッテから2010年に横浜に、山本氏は近鉄、オリックスを経て2011年に横浜DeNAに移籍している。得意にしていた対戦相手と軒並み同じチームになってしまって困ったという。森本氏は「打たれた側も印象に残っていたみたいで、『お前によく打たれたな』なんて話をしました」と振り返った。

最終更新:7/7(金) 12:51
AbemaTIMES

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/28(金) 16:35