ここから本文です

ルカク獲得失敗のチェルシー 次なるターゲットはこの2人か

7/7(金) 18:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

レアルのモラタとトリノのベロッティ

チェルシーは、今夏ずっと追いかけてきたロメル・ルカクの獲得を諦めざるを得ない状況に陥っている。そのため次なるストライカーの獲得に、動き出さなければならない。

チェルシーは今夏、ルカクの獲得に近づいていると思われていたが、先日マンチェスター・ユナイテッドが同選手獲得で合意に至ったと、各英メディアが揃って報じた。英『Daily Mail』は、すでに次なるターゲットの候補を2人挙げている。

まずは、これまでも獲得候補として挙がってきたレアル・マドリードのアルバロ・モラタだ。同選手獲得にはユナイテッドが、最も近づいていると見られていた。しかし、ルカク獲得ともなれば状況は変わり獲得不要となる。そのため同紙は、チェルシー入りが近いのではないかと見ている。次の候補は、トリノのFWアンドレア・ベロッティ。イタリア代表の同選手は、特にアントニオ・コンテ監督のお気に入りのストライカーで、16-17シーズンはリーグ戦で26ゴールを挙げている実力のある選手だ。

またチェルシーの現ストライカーであるジエゴ・コスタは、今夏中の移籍が取り沙汰されている。そのため新エース獲得ともなれば、同選手は直ぐさま移籍を決断するはずだ。今夏の移籍市場で完全に後手に回ってしまっている王者チェルシーは、今度こそ取り逃がすことなく獲得することができるだろうか。チェルシーの動向から目が離せない。

https://www.theworldmagazine.jp