ここから本文です

「Color Me Rad」と楽天イーグルスがコラボで描くファン層の掛け算

7/7(金) 17:52配信

Full-Count

7月8日にKoboパーク宮城でコラボイベント開催

 7月8日にKoboパーク宮城で老若男女が気軽に参加できるイベント「Color Me Rad×楽天イーグルス」が開催される。今年で日本上陸4年目となり、3年間で15万人を超えたイベントが、初めて球界とのタッグを組む。

 同じエンターテイメントとは言え、全く異なるジャンルの2つのイベントが何故融合することになったのか。その相思相愛とも言えるストーリーに迫ってみる。

 楽天イーグルスでは、2016年10月にライト層のファン拡大を目的に新たな部署が設立された。その目的は、「一度も野球観戦をしたことがない方をどのような方法でスタジアムに連れてくるか。その後2度目、3度目と、どのように来場していただくか」というものだった。

 そんな中、野球ファン以外を巻き込むために、イーグルスは人気の高いランニングイベントとのコラボを検討していた。情報を集めていく中で、「Color Me Rad」というイベントが、2017年にパワーアップして全国各地を回る計画を立てているということを知った。不思議と同じタイミングで「Color Me Rad」レースディレクターを務める佐竹美帆氏から「何か一緒に取り組みができないか」という連絡が球団側に入ったのだ。

 いきなり相思相愛なスタートを切った両者はすぐさまコラボイベント実施に向け、話し合いを進めていった。何度か打ち合わせを重ねることで、これまでにスタジアムへ足を運んだことがない人達でもより楽しめるように花火大会がすでに開催予定であった7月8日の開催で決定した。土曜日ということで多くの子どもたちの来場も予想されるはずだ。

若い男女が中心となる「Color Me Rad」のファン層を取り入れたいイーグルス

 とんとん拍子で話が進んでいったように見えるが、お互いがコラボイベントをすることで期待する相乗効果とは一体何だろうか?

 イーグルスにとっては、若い男女が中心となる「Color Me Rad」のファン層は取り入れたいファン層のうちの一つである。これまで野球観戦に訪れたことのない若い男女にとっては、スタジアムに足を運ぶきっかけになることは間違いない。コラボイベントが開催される7月8日は試合開催日でもあるが、イーグルスと「Color Me Rad」の2種類の販売チャネルを設けることで、決して「Color Me Rad」だけに参加したいという方を強要はしない。

 それでも、イベント後に野球観戦に行ってみようかなと考える「Color Me Rad」参加者たちには、そのままKoboパーク宮城で1日中遊びつくしてもらうオプションも提供する。参加者全員にはKoboパーク宮城のレフト側後方の観覧車やメリーゴーラウンドなどの施設がある「スマイルグリコパーク入園券」も付け、そして希望者にはレフトスタンド寄りに設置されたバイバーシート付きのチケットの販売も行う。「Color Me Rad」参加者が、イベント終了後にすぐさま帰宅するのではなく、余韻に浸って野球観戦を楽しむ場を提供する。

 一方、「Color Me Rad」としては、楽天イーグルスと共に取り組みを行うことで何が生まれるのか。前出の佐竹氏に伺ってみた。

「地元のファミリー層に愛され、地域の方々のハブとなるスポーツチーム・楽天イーグルスさんとコラボさせていただくことで、若者層がスタジアムに足を運ぶきっかけ作りと共に、球団ファンのファミリー層に『Color Me Rad』を体感いただける機会になったらうれしいです」

1/2ページ

最終更新:7/7(金) 17:52
Full-Count

スポーツナビ 野球情報