ここから本文です

錦織は3回戦敗退、バウティスタ アグートに初黒星 [ウィンブルドン]

7/7(金) 23:12配信

THE TENNIS DAILY

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月3~16日/グラスコート)の男子シングルス3回戦で、第9シードの錦織圭(日清食品)は第18シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)に4-6 6-7(3) 6-3 3-6で敗れた。試合時間は3時間20分。

錦織は厄介な“敵“に打ち勝ち「自信になる勝利」、19歳大坂は元女王ビーナスとの注目の3回戦へ [ウィンブルドン]

 この結果でバウティスタ アグートは、5度目の対戦で錦織から初勝利を挙げた。昨年は3月にマイアミ(ATP1000/ハードコート)の4回戦で対戦し、錦織が6-2 6-4勝っていた。グラスコートでの対戦は、今回が初めてだった。

 ウィンブルドンに8年連続9度目の出場となった錦織は、過去2度のベスト16(2014年、16年)が最高成績。昨年は4回戦でマリン・チリッチ(クロアチア)と対戦したが、第2セット途中で棄権した。

 昨年10月に世界ランク自己最高の13位をマークした29歳のバウティスタ アグートは、ATPツアーでは今年1月のチェンナイ(ATP250/ハードコート)を含む通算5勝を挙げており、2014年にはグラスコートのスヘルトーヘンボス(ATP250)でタイトルを獲得していた。

 バウティスタ アグートは初の8強入りをかけて、第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)と第26シードのスティーブ・ジョンソン(アメリカ)の勝者と対戦する。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:LONDON, ENGLAND - JULY 07: Kei Nishikori of Japan reacts during the Gentlemen's Singles third round match against Roberto Bautista Agut of Spain on day five of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 7, 2017 in London, England. (Photo by Shaun Botterill/Getty Images)

最終更新:7/7(金) 23:12
THE TENNIS DAILY