ここから本文です

【MLB】バムガーナーから1回に2本塁打、史上初快挙は1A有望株「なんだか夢みたい…」

7/7(金) 22:34配信

Full-Count

リハビリ登板の1A戦でバムガーナーを“攻略”

 ジャイアンツ左腕マディソン・バムガーナーといえば、カーショー(ドジャース)やプライス(レッドソックス)らと並ぶメジャーを代表するエース投手だ。今季は4月下旬にダートバイクで転倒し、肋骨と左肩を痛めて戦線離脱。2か月以上のリハビリを経て、ようやく傘下マイナーでの登板にこぎ着けた。メジャー復帰に向けて3度目のリハビリ登板となった5日(日本時間6日)傘下1Aサンノゼのランチョクカモンガ戦で、まさかの出来事が起きた。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 この日先発を務めたバムガーナーは、2回にソロ弾で1点を失ったが、3回まで1安打1四球4奪三振と順調なピッチングを続けていた。だが、4回に突如調子を乱した。

 先頭ピーターズにソロ弾を左翼席へ運ばれると、1死から1被弾を含む5連打で4失点。2死一塁から左翼への二塁打で、この回6点目を献上したところで打順が一回りしてしまった。なおも2死二塁の場面で、この回2度目の打席に立ったピーターズが再びバットを強振すると、打球は18号2ランとなって左翼スタンドへ消えた。

 球団公式サイトによると、バムガーナーから1イニングに2本塁打を打ったのは、史上初の快挙だったという。4回を投げて4被弾を含む9安打9失点と乱調だったとは言え、バムガーナーは球界屈指の左腕だ。ジャイアンツのエースから1イニングに2発を放ったのは、2016年ドラフト4巡目で指名された21歳の1A選手。まさかの出来事にピーターズは「なんだか夢みたい」と興奮気味に話したという。

 今後バムガーナーから1イニングに2本塁打を放つ打者は誕生するのだろうか。もしかしたら、ピーターズが史上初&唯一の打者となるかもしれない。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/7(金) 22:39
Full-Count

スポーツナビ 野球情報