ここから本文です

トヨタ北米本社機能をテキサスに集約

7/7(金) 8:41配信

ホウドウキョク

トヨタ自動車は6日、アメリカへの100億ドル投資計画の一環として、テキサス州に、北米の本社機能を集約した新社屋を開設した。
トヨタの新社屋には、7つのビルがあり、敷地面積は、東京ドームのおよそ8.5個分。
トヨタ自動車は、およそ10億ドル(日本円で1,130億円相当)を投資し、テキサス州ダラス郊外に新社屋を建設し、6日、初めてメディアに公開した。
分散していた販売や生産管理などの部門を1カ所に集め、業務の効率化を図る。
トヨタは、アメリカのトランプ大統領から祝辞が届いたと発表した。
トヨタをめぐっては、トランプ大統領が1月、トヨタのメキシコでの新工場建設計画を名指しで批判し、その後100億ドルの投資計画を発表していた。

画像つきで記事をみる