ここから本文です

菅長官「豪雨被害引き続き深刻」

7/7(金) 18:46配信

ホウドウキョク

九州北部の豪雨災害について、「事態は引き続き深刻だ」として、人命第一の姿勢を示した。
菅官房長官は「できることは全て行うとの強い決意のもとに、リーダーシップを発揮して、被害の拡大防止と早期復旧に取り組んでいただきたい」と述べた。
九州北部での記録的な豪雨による被害を受け、政府は7日、関係閣僚会議を開いた。
菅官房長官は、被害の全容が明らかになりつつある一方、道路の寸断などで、救助部隊が入れない地域があるとして、「被害は引き続き深刻」だとの認識を示した。
政府は、7日未明から、自衛隊などの救助部隊を1万2,000人態勢に増やして、救命救助活動を急いでいる。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/7(金) 18:46
ホウドウキョク