ここから本文です

吉岡里帆、一分一秒を惜しむモーレツな日々 マイペース坂口健太郎に「もったいない」

7/7(金) 10:50配信

クランクイン!

 新ドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系/毎週日曜21時)に出演する女優の吉岡里帆が6日、同局のバラエティ番組『櫻井・有吉THE夜会』にドラマで共演の長瀬智也、坂口健太郎と共に出演。普段の生活を「がむしゃらに生きていましたね。今もそうですけど」と語り、デビュー前からのモーレツな日々を明かしていた。

【関連】「吉岡里帆」フォトギャラリー


 デビュー前から「止まっちゃいけない、一分一秒でも動き続けて、何でもいいから吸収して、時間を詰め詰めに立てて、完璧なスケジュールで動いていました」とバイトを4つも掛け持ちしていたことを明かす吉岡。さらにそのころは、親に内緒で夜行バスに乗って東京へ出向き、養成所や見たい舞台の鑑賞を続けていたという。

 「新幹線で行けばいいんじゃないの?」とMCの有吉弘行にたずねられると「私なんかが新幹線に乗っちゃいけないんです! やりたい仕事も何も手に入っていない人間が、新幹線なんかに乗っちゃいけない」とストイックな姿勢を見せる。

 一方、坂口が対照的に「アラームをつけないと永遠に寝てしまう」というマイペースな性格を明かすと、すかさず「もったいない! そんなの考えられない。(私だったら)分刻みで予定入れます」とツッコミ。

 そんな吉岡に「吉岡さんと結婚する男性って、どうなっちゃうんだろね?」とゲストの高田延彦が心配そうに声を掛けると、吉岡は「そんなことない、お互い高め合える人がいいです!」と強気に返答。その言葉に長瀬は「激やせしそうですね」と思わず苦笑いで答え、笑いを誘っていた。

 また幼稚園のときには、その思いを「ちゃんと伝えなきゃっていう使命感があって」と、初恋の男の子の住所を連絡簿から調べ、小学校に上がった際にその子の家に出向いて告白したという吉岡。その際はなんと家族全員で家に向かったといい、「うちの家族、全員熱い奴なんですよ。今思うと、怖い奴なんですけど」と当時を振り返っていた。

最終更新:7/7(金) 10:50
クランクイン!