ここから本文です

日本初! 若き天才指揮者 アンドレア・バッティストーニが10代のためのプレミアム・コンサート開催

7/7(金) 12:25配信

Billboard Japan

 公益財団法人ソニー音楽財団とBunkamuraがタッグを組み、感性豊かな10代の子どもたちが オペラを学び、楽しむための特別なコンサート【10代のためのプレミアム・コンサート「はじめての演奏会オペラ ~イタリア・オペラ編~」】を2017年9月9日に開催する。

関連ビジュアル

 「オペラに興味はあるけれど気軽に行きにくいなぁ。」「体験してみたいけど内容がよくわからなくて…。」そんな子どもたちに向けて、世界中で活躍する若手指揮者 アンドレア・バッティストーニ(東京フィルハーモニー交響楽団 首席指揮者)がお送りする教育プログラムのコンサート。バッティストーニが日本で子ども向けのコンサートを企画するのは今回が初めて。オペラを愛し、多くの歌劇場に招かれているマエストロならではのコンサートだ。

 「はじめての演奏会オペラ」のプログラムは約100分(休憩あり)。ソリストに、木下美穂子(ソプラノ)、村上敏明(テノール)、上江隼人(バリトン)という実力派3名を迎え、コンサートの前半では、ヴェルディ、プッチーニというイタリアを代表する作曲家のオペラから、バッティストーニ本人の解説付きで名曲の数々を楽しめる。そして後半は、オペラ「オテロ」のあらすじを交えつつ、ハイライトを演奏。朝岡聡をナビゲーターに、「オテロ」を親しみやすく紹介する。また、「オテロ」の映像演出を手掛けるライゾマティクスリサーチの真鍋大度もステージに登場。今回の映像演出についての話も聞き逃せない。

 本公演は、9月8日、10日にオーチャードホールにて開催される【ヴェルディ:オペラ「オテロ」(演奏会形式)主催:Bunkamura】の関連プログラムとして企画され、現在チケット好評発売中。また、「夏休み特別企画」として、村上敏明(テノール)による、10代(小学1年生~19才)のための事前ワークショップ開催も予定だ。


◎公演概要
【10代のためのプレミアム・コンサート「はじめての演奏会オペラ ~イタリア・オペラ編~」】
2017年9月9日(土)15:30~開演(14:45開場)
会場:Bunkamura オーチャードホール

<出演>
指揮・お話・演出:アンドレア・バッティストーニ
ソプラノ    :木下美穂子
テノール    :村上敏明
バリトン    :上江隼人
管弦楽     :東京フィルハーモニー交響楽団
映像演出とお話 :真鍋大度(ライゾマティクスリサーチ)
ナビゲーター  :朝岡聡

<演奏予定曲>
ヴェルディ:オペラ「オテロ」よりハイライト(演奏会形式、イタリア語上演)
ヴェルディ:オペラ「椿姫」より『乾杯の歌』
ヴェルディ:オペラ「ナブッコ」序曲
ヴェルディ:オペラ「リゴレット」より『悪魔め、鬼め』
プッチーニ:オペラ「蝶々夫人」より『ある晴れた日に』
プッチーニ:オペラ「トゥーランドット」より『誰も寝てはならぬ』
※曲順不同。曲目は変更となる場合がございます。

<主催>
公益財団法人ソニー音楽財団(Sony Music Foundation)/Bunkamura

<協賛>
高砂熱学工業株式会社/ソニー生命保険株式会社/ソニー銀行株式会社

<特別協力>
公益財団法人東京フィルハーモニー交響楽団

<協力>
公益財団法人五島記念文化財団

<チケット>(全席指定・税込)
10代(小学校1年生~19才)S席:3,000円/A席:1,500円
保護者(10代の同伴者)  S席:5,000円/A席:3,000円
大人のみ席(3階席)7,000円
http://my.bunkamura.co.jp

最終更新:7/7(金) 12:25
Billboard Japan