ここから本文です

中陣さん2年連続大賞 道の駅福光でムシ送り作品コンテスト

7/7(金) 16:34配信

北日本新聞

 架空の虫をユニークに表現した工作の出来栄えを競う「ムシ送り七夕まつり作品コンテスト」の審査会が7日、南砺市の道の駅福光であり、最高賞のムシ送り大賞に中陣岩夫さん(射水)の「再配達勘弁してチョウ」が選ばれた。中陣さんの大賞受賞は2年連続となる。

 コンテストは、27~30日に開かれるなんと福光ねつおくり七夕祭り(北日本新聞社共催)のプレイベントとして同駅が毎年開いている。今年は3~77歳の72人から応募があった。将棋の藤井聡太四段を表現した作品など、世相を反映した虫や発想が光る虫がそろった。牧野圭一京都精華大名誉教授や片岸昭二福光美術館長らが審査した。

 大賞作は宅配便業界の人手不足を風刺。小包を背負い、体中に不在票を貼り付け「かんべんして」と嘆く配達員の姿をしたチョウを、じょうろの容器などで作った。全作品を31日まで同駅ロビーに展示する。

 ▽審査委員長賞=山下ほたる▽福光美術協会長賞=野原信作▽福光美術館長賞=朝山秋子▽市観光協会長賞=佐々木沙樹▽市商工会長賞=佐々木樹希▽石黒自治振興会長賞=金延厚▽道の駅福光駅長賞=野村智恵美▽小学部門優秀賞=内田瑛斗▽同奨励賞=永森亜毅音、本居篤來、河合亮怜▽ジュニア部門優秀賞=中山道初萌▽同奨励賞=砂田栞里、片山紅音、桶谷まつり▽一般部門優秀賞=村山侑生

北日本新聞社

最終更新:7/7(金) 16:34
北日本新聞