ここから本文です

メルギュー、メルモモ ジャパンエキスポ・パリで小矢部PR

7/7(金) 17:59配信

北日本新聞

 日本文化の祭典「ジャパンエキスポ・パリ」が現地時間の6日、パリ郊外の展示会場で開幕し、小矢部市特別観光特使のメルギューくんとメルモモちゃんがステージでパフォーマンスを披露、大勢の来場者の人気を集めた。市は小矢部三大祭をPRし、現地企業とのビジネス交歓会では地場産業の繊維産業や和菓子を紹介し、好評を得たという。

 メルギューくんとメルモモちゃん2体は2年連続の参加。来場者と「メルメルダンス」を踊って会場を盛り上げた。拍子木を鳴らし、来場者は津沢夜高あんどん祭の「ヨイヤサ」の声を上げた。

 市は観光ブースを設け、津沢夜高など小矢部三大祭の映像を流した。市職員が拍子木をたたいて祭りの雰囲気を再現し、日本の伝統文化を発信した。実際に祭りを見てみたいという来場者や、日本各地の風景や祭りなどを撮影したいと考える現地の映像会社も関心を寄せたという。市はインバウンド(訪日観光客)施策に力を入れたいと考えており「今後の展開に向け積極的に取り組みたい」としている。

 ビジネス交歓会では実際に服や菓子が買えるのかとの問い合わせがあり、現地評論家からもおいしい菓子との評価を受けた。

 ジャパンエキスポ・パリは9日まで。2体は4日間で計6ステージに立つ。

北日本新聞社

最終更新:7/7(金) 17:59
北日本新聞