ここから本文です

海辺でネパールカレー 「本場の味」ゆっくり楽しむ 南城市玉城百名「食堂かりか」

7/7(金) 19:45配信

沖縄タイムス

 沖縄県南城市玉城百名の新原ビーチにあるネパール料理店「食堂かりか」は、目の前の海を眺めながらランチを楽しめる。2012年4月にオープンした食堂を切り盛りするのは店長のジェイシー・聖子さん=岡山県出身。ネパール出身の夫・ナラヤンさんの母国から取り寄せたスパイスを使ったカレーが好評だ。

この記事の他の写真・図を見る

 聖子さんは「料理を食べたお客さんの笑顔を見るのが幸せ」と笑う。インターネットや雑誌で取り上げられるなど客が増え続けており、ネパール人コック3人と忙しい日々を送っている。

 具材となる野菜は県産にこだわり、カラシナやゴーヤー、クレソンなどをふんだんに使う。現在ある13種類のカレーのベースとなるのはグレービーソース。毎日の仕込み(約60人分)で10キロのタマネギを使う。さらにスパイスやトマト、ピーナツを入れて3~4時間ほど煮込み「本場の味」に仕上げる。

 一番の人気メニューは「ほうれん草&チキンカレー」(千円)。一口大のチキンがごろごろと入ったペースト状のグリーンカレーはスパイスの香りが食欲をそそる。黒米の色でほんのり紫色に染まった国産のライスとの相性も抜群だ。

 オススメは午後2時までの限定メニュー「かりかスペシャル」(1350円)。おまかせカレー2種類にライス、ミニサラダがセットで、プレーンラッシーかチャイのドリンクも付いてくるお得なセットだ。ワインやカクテルといったアルコールも充実しており、フルーティーな味わいの「ネパールアイスビール」も人気が高い。聖子さんは「お客さんには景色を楽しみながらゆっくりと過ごしてほしい」とほほ笑んだ。(南部報道部・知念豊)

 【お店データ】南城市玉城百名1360。営業時間は午前10時~午後8時(ラストオーダー)。水曜定休(5月~10月は午前10時~午後3時で営業する)。電話050(5837)2039。

最終更新:7/7(金) 19:45
沖縄タイムス