ここから本文です

普天間が返還されない? 広がる懸念 稲田防衛相「まったく想定していない」

7/7(金) 13:15配信

沖縄タイムス

 【東京】稲田朋美防衛相は7日の記者会見で、米軍普天間飛行場の返還条件の協議が整わない場合は返還されないとの懸念が広がっていることに、「辺野古移転後も普天間飛行場が返還されないという状況は、全く想定していない」と、重ねて明言した。

 稲田氏は6月の参院外交防衛委員会で、返還条件の一つとなっている緊急時の民間施設の使用改善に関し、「米側と協議、調整が整わないようなことがあれば、返還がなされないことになる」と答弁し、沖縄県議会で波紋が広がった。

 稲田氏は会見で「国会での答弁も、普天間飛行場の返還が実現するように、しっかりと対応していくという趣旨を述べた」と説明した。

 ただ、同条件について「現時点で具体的な内容は決まっていない」とした。

 県側が同条件について説明を受けてないと主張していることには、2006年の再編実施のためのロードマップにも同様の記載があることや、統合計画の公表前に、事務レベルで同条件が明記されている案文を示していると明言。

 その上で、仲井真弘多知事(当時)にも小野寺五典防衛相(当時)が統合計画について説明したとして、「県側の認識がなかったということでは、ないのではないか」と反論した。

最終更新:7/7(金) 16:00
沖縄タイムス