ここから本文です

九州豪雨の被災地へ 沖縄県警が特別救助班を派遣

7/7(金) 20:15配信

沖縄タイムス

 九州北部で記録的な豪雨が続き、被害が拡大していることを受け、沖縄県警は8日から機動隊員らで組織する特別救助班(P―REX)の隊員ら12人を現地へ特別派遣する。7日、県警本部で隊員らが重久真毅警備部長に出発を報告した。

 福岡県公安委員会の援助要求を受けて派遣する。重久部長は「九州各県が応援を求めている。県警機動隊の底力を発揮してもらいたい」と激励。國仲秀樹班長(36)は「被災者の人々のために、各県の関係機関と連携して頑張りたい」と決意を示した。隊員らは8日午前の航空便で福岡入りし、同県警朝倉署管内で災害救助などに当たる。

 P―REXは2004年の新潟県中越地震を機に、全国16都道府県警察に設置された。県警は今年4月、福岡県警に次いで九州で2番目に発足。県警の広域緊急援助隊員約40人から選抜された11人で構成される。

最終更新:7/12(水) 18:35
沖縄タイムス