ここから本文です

スーパーTC2000:第6戦ラファエラ。ルノー・スポールのスパタロが今季初勝利

7/7(金) 18:19配信

オートスポーツweb

 世界的ツーリングカー・ドライバーを多数輩出するアルゼンチン、スーパーTC2000の第6戦が行われ、土曜予選レースはプジョー・トタル・アルゼンティーナのマリアーノ・ウェルナー(プジョー・408)が勝利。続く日曜のフューチャーレースは、ルノー・スポールのエミリアーノ・スパタロ(ルノー・フルーエンス)が2017年初勝利を飾った。

【写真】フィーチャーレースでリヤウイングが脱落したウェルナーのプジョー208

 ブエノスアイレスとコルドバのほぼ中間に位置する、サンタフェ州ラファエラの公園を利用した4662mの常設オーバルコースでの第6戦は、予選レースからドラマティックな展開が多発する。

 土曜のフロントロウを獲得したのはファクンド・アルドゥソ(ルノー・フルーエンス)と、2016年王者のアグスティン・カナピノ(シボレーYPFクルーズ)の2台。しかし、ポールポジションのアルドゥソがフォーメーションラップでいきなりのエンジンストールを演じ、あわや最後尾……かと思われたが、なんとか再始動に成功し、グリッドに復帰するドタバタ劇でレースは幕を開けた。

 シケイン状に設けられたターン1、ターン2に先頭で飛び込んだアルドゥソとカナピノだったが、切り返しのコーナー出口で大胆な動きを見せたのはプジョーのウェルナー。アウトから2台を一気にかわして首位浮上に成功。その背後では、同じくプジョー・408に乗るファクンド・チャプルも王者カナピノをかわし3番手へ。

 徐々にリードを築いて盤石の態勢かと思われた首位ウェルナーだったが、なんと2周目の1コーナーでブレーキングを誤りオーバーラン、再度アルドゥソに先行され仕切り直しの展開となってしまう。

 続く4周目にはWTCC世界ツーリングカー選手権ドライバーで、前戦勝者でもあるエステバン・グエリエリのシトロエンC4ラウンジがトラブルでストップ。この間に、プジョーのチャプルがウェルナーをかわして2番手に浮上してきた。

 そして悲劇が訪れたのは6周目。先頭を行くルノー・スポール、アルドゥソのフルーエンスはオーバルコースの負荷に耐え切れず右フロントタイヤがバースト。同じくフルーエンスのリオネル・ペーニャのマシンにも同様の症状が襲い、リードラップはプジョーのチャプルの手に。

 しかし、そのチャプルも翌周ウェルナーとのバトルでオーバーテイクを許し、2番手陥落の直後にまったく同じトラブルに見舞われ万事休す。

 これでライバル勢がタイヤマネジメントに苦しみ次々と脱落していくなか、ウェルナーが9周のレースでトップチェッカー。2位にカナピノ、3位にシトロエンC4ラウンジのマルティン・モッジアが入った。

 土曜のレース上位勢からグリッドが埋められた日曜のフューチャーレースは、快晴のなか、正午過ぎにスタート。しかし、オープニングラップのシケイン出口でルノー・スポールの1台がウォールにクラッシュし、いきなりのセーフティカー(SC)出動に。

 しかし、そのSCピリオドとなる直前に3番手のモッジアがカナピノの隙を突き果敢なオーバーテイク。シボレーYPFチームはすぐさま「SCピリオド中の追い越し行為」だとして抗議したものの、スチュワードはお咎めなしの判断。これでモッジアが労せずして2番手を手にすることになる。

 4周目に再開されたレースは、4番手を走っていたプライベーター・フォード・フォーカスIIIセダン、ダミアン・フィネンチが失意のカナピノを仕留め3番手に。続いて2番手のモッジアにも襲い掛かり、見事なドライビングで2番手まで浮上する。

 そしてフィネンチのフォーカスIIIが首位ウェルナーのプジョー408に迫ったところで、ウェルナーのリヤウイングが長いストレート上で突然脱落する珍事がぼっ発。

 マシンコントロールが厳しくなったウェルナーは、コーナーでフィネンチに突かれ、ストレートの最高速を活かしてふたたび引き離す、という厳しいレース展開に。

 8周目には3番手のモッジアが先行する2台に追いつくと、チャンスをうかがって一気にパッシング。シトロエンが首位奪取に成功するも、なんとここからリヤウイング・レスのウェルナーが驚異の走りを披露し、ふたたびモッジアに仕掛ける想定外のバトルに発展した。

 ウェルナーのプジョーはホームストレートのセクションで、ダウンフォース低減の効果からコンマ2秒ほどのアドバンテージを有する状況に。しかし、20周目にトラブル車両の回収で2度目のSC導入となると、レース展開は一転。

 残り4周で再開となった時点で、低速走行中の弊害でマシンに冷却の負担が掛かったか、なんと先頭モッジアのシトロエンがストップ。これでルノーのスパタロが首位に浮上。

 さらに最終ラップには4番手のトヨタGAZOOレーシング・アルゼンティーナ、マティアス・ロッシのカローラが力強い動きで一気に2番手へ。同じくプジョーのチャプルも3番手に浮上し、スパタロのルノーにピタリとつけたが、ここでチェッカー。

 波乱ずくめのレースはスパタロの今季初勝利となり、ロッシ、チャプルが表彰台。ペーニャ、アルドゥソが4位、5位と続いた。

 次戦第7戦は、7月29~30日にアルゼンチン北東部のパラグアイ国境にほど近い山間部、オベラのテクニカルコースを舞台に争われる。

[オートスポーツweb ]