ここから本文です

ホワイトタイガーが到着 いしかわ動物園に群馬から

7/7(金) 2:35配信

北國新聞社

 いしかわ動物園(能美市)は6日、希少種のホワイトタイガーが5日午後4時に群馬サファリパークから無事到着したと発表した。落ち着いた様子で、健康状態は良好という。

 雄の「クラウン」3歳で、体長約190センチ、体重165キロ。トラックで5時間かけて運び、到着すると移送用のおりから寝室にスムーズに移った。

 新居に戸惑うそぶりもなく、着いて間もなく馬肉などを平らげた。7月末にも公開予定で、今後新たな展示施設の設置を計画する。いしかわ動物園の担当者は「夏休みに多くの人に見てもらいたい」と話した。

 石川県は6日、いしかわ動物園のトキ里山館で5月に誕生したトキのひなの愛称を「美能里(みのり)」に決定したと発表した。8日に同館で命名式を行う。

 ひなの愛称は、五つの候補で投票が行われ、総数746票のうち最多の201票を集めた美能里が選ばれた。「能美で生まれたトキの子孫が石川の里山に戻り、実りをもたらしてほしい」との思いが込められた。能登に生息した本州最後の野生トキは「能里(のり)」と呼ばれていた。

 いしかわ動物園は8日から「トキ里山館フォトコンテスト」の作品を募集する。応募は1人2点まで、締め切りは10月15日

北國新聞社

最終更新:7/7(金) 2:35
北國新聞社