ここから本文です

カブトムシに歓声 県ふれあい昆虫館で展示施設オープン

7/7(金) 2:35配信

北國新聞社

 白山市の県ふれあい昆虫館で6日、カブトムシを自由に触って観察できる「カブトの森」がオープンした。鶴来第一幼稚園の年長児41人がカブトムシと触れ合い、歓声を上げた。

 カブトの森は、高さ3・5メートルの網に囲まれた約60平方メートルの展示室となる。常時約20匹が放され、自然に近い姿で動き回る様子が観察できる。山内恒輝君(5)は「目がかわいかった」と喜んだ。カブトの森は8月20日まで開設される。

北國新聞社

最終更新:7/7(金) 2:35
北國新聞社