ここから本文です

バルサ、パウリーニョ獲得は広州恒大が正式拒否「売却予定はない」

7/7(金) 6:15配信

SOCCER KING

 バルセロナが、ブラジル代表MFパウリーニョへのオファーを広州恒大に拒否されたようだ。スペイン紙『マルカ』などが6日に報じた。

【動画】元チェルシーのオスカルが暴走…中国で50人規模の大乱闘に発展

 バルセロナは6月に広州恒大のパウリーニョ獲得に動き出したと報じられた。今年1月に2020年12月末まで契約を延長した同選手の獲得に、移籍金2000万ユーロ(約26億円)のオファーを提示していたという。

 パウリーニョ本人も「代理人にコンタクトがあって、オファーを受けた」と認め、「今の生活は非常に幸せで、ここでのキャリアも良好だ。難しい決断だよ。バルセロナのような偉大なチームから関心を持たれていることは嬉しい。これは金額では言い表せないことだ」と語っていた。

 これに対し、広州恒大は声明を発表し、バルセロナからのオファーを正式に拒否したことを伝えた。「パウリーニョは2017年1月に契約を延長し、クラブの長期的なプロジェクトにおいて重要な選手です。そのため、我々はオファー拒否の意向をバルセロナに対して正式に通達しました。パウリーニョを高く評価してくれたバルセロナには感謝しますが、彼を売却する予定はありません」。

 現在28歳の同選手は2015年に移籍金1400万ユーロ(約18億円)でトッテナムから広州恒大に移籍。AFCチャンピオンズリーグ制覇や中国スーパーリーグ2連覇(クラブとしては2011シーズンから6連覇)に貢献した。

 その活躍から、昨年6月にチッチ監督が就任したブラジル代表に復帰を果たし、2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選で7試合に出場。昨年11月10日に行われた第11節アルゼンチン戦でのゴールや、今年3月23日の第13節ウルグアイ戦でのハットトリックなど、中心選手として存在感を示している。

SOCCER KING

最終更新:7/7(金) 6:19
SOCCER KING