ここから本文です

ラカゼット、アンリの助言を明かす「ハードワークすることが大切」

7/7(金) 16:37配信

SOCCER KING

 5日、クラブ記録となる4650万ポンド(約68億円)の移籍金でリヨンからアーセナルに加わったフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット。この移籍に際し、同選手は以前、アーセナルのレジェンドである元フランス代表FWティエリ・アンリ氏から助言を受けていたことを明かした。6日付けのイギリス紙『サン』が報じている。

 ラカゼットがアンリ氏に助言を受けたのは2013年。リヨンがプレシーズンツアーでアメリカを訪れた際、同選手は当時ニューヨーク・レッドブルズに所属していたアンリ氏と話す機会があったという。そこで同郷のヒーローから授けられた言葉は、当時期待の若手として頭角を現しはじめていたラカゼットに大きな影響を与えたようだ。

 ラカゼットによれば「ティエリは僕の心を震わせた」といい、「彼はどんな時でも一生懸命にやることの必要性を語ってくれた。それは若い選手が往々にして忘れてしまいがちなことだ」と、アンリから受けたアドバイスを明かした。

 その上でラカゼットは「ティエリのような人物の話に耳を傾けない選手はいない。偉大な選手になるということは常にハードワークをすることなんだと気付かされた。彼ほどのキャリアを持つ選手でもずっと向上心を持ち続けているのだからね」とアンリのことを称賛している。

 今回の移籍について「レベルを上げるというリスクを取ることによって、自分の中で何かを見つけたい」と語るラカゼット。ハードワークを続け、尊敬する先輩と同じようにアーセナルで一時代を築くことができるだろうか。

(記事/Footmedia)

SOCCER KING

最終更新:7/7(金) 16:40
SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合