ここから本文です

米国の人材紹介業は空前のブーム、労働市場引き締まりで引く手あまた

7/7(金) 15:30配信

Bloomberg

米国の人材紹介業者によると、今以上に好調で忙しい状況はかつてなかったほどだ。

過去10年にわたりこの仕事を手掛けてきたクリス・ネイス氏は、ニューヨーク市でテクノロジー分野の人材紹介を専門にして何年もビジネスチャンスを探していたが、今は自分の経営する小さな人材紹介会社に企業の方からアプローチしてくるケースが絶えないと話す。

ネイス氏は「需要は私が思い出せる中では最高だ」と述べ、「企業は社会人になって1、2年目の人物の紹介手数料として2万5000ドル(約284万円)-3万ドルを支払ってもいいと言ってくる。これはかなり異常だ」と指摘した。同氏の会社の手数料には、紹介した人材の給与の一定割合に基づく一時払い金が含まれる。

ヘッドハンターは幹部職の紹介で高額報酬を得られるが、16年ぶりの低失業率や記録的な高求人件数を背景に、建設やソフトウエアエンジニアなど幅広い業種で労働者が必要とされている。ニーズは非常に高いため雇用主は入社時の多額契約金を渡し、履歴書に傷のある人材についてはじっくり再検討し、専門のリクルーターに連絡を取るケースがこれまで以上に多いという。

こんな状況は数字にも表れている。求人1件当たりの求職者数は4月時点で1.17人と、2000年以降で2番目の低さ。2009年7月には6.65人と、リセッション(景気後退)後のピークを記録していた。米人材派遣協会の推定によると、米国の人材紹介サービス業界の収入は16年に219億ドルと、09年の3倍近い水準に拡大した。

労働市場の引き締まりを背景に、企業による採用は堅調ながらもペースが鈍化している。ブルームバーグが7日の米労働省の発表を前に実施した調査結果では、6月の非農業部門雇用者数は前月比約17万7000人増(予想中央値)と、5月の13万8000人増を上回る伸びとなる見通し。失業率は4.3%で横ばいと見込まれている。

原題:It’s Boom Times for Recruiters as U.S. Job Market Tightens(抜粋)

Patricia Laya, Daniel Flatley

最終更新:7/7(金) 15:30
Bloomberg