ここから本文です

夏の高校野球 茨城大会 8日熱戦開始

7/8(土) 1:00配信

茨城新聞クロスアイ

第99回全国高校野球選手権茨城大会は8日、101校による98チームが出場して水戸市民球場で開幕する。第1日は午前9時から開会式が同球場で行われ、終了後、午前11時10分から開幕試合の4校連合-鬼怒商で頂点を懸けた戦いの幕が開ける。

優勝争いは昨秋、今春を制した明秀日立、秋春とも準優勝の霞ケ浦を軸に展開しそうだ。昨夏甲子園8強の常総学院、今春県大会3位の土浦湖北なども虎視眈々(たんたん)と頂点を狙う。1回戦は竜ケ崎一-東風、水戸商-中央などが好カード。

開幕を目前に控えた7日、水戸市民球場では開会式リハーサルが行われた。

■無料シャトルバス 開会式、準決勝運行
県高校野球連盟は、第99回全国高校野球選手権茨城大会で開会式と準決勝が行われる8、25の両日、水戸市民球場と臨時駐車場を結ぶ無料シャトルバスを運行する。球場の駐車場不足と周辺の交通渋滞緩和が目的。

臨時駐車場は、8日は水戸市河和田のツインフィールドと同市小吹町のケーズデンキスタジアム水戸第5駐車場(水城高野球場隣)に設置する。25日はケーズデンキスタジアム水戸第5駐車場のみ。

バスは午前7時から試合終了の約1時間後まで約20分間隔で運行する。ただし、8日は水戸ホーリーホックの試合があるため、ケーズデンキスタジアム水戸第5駐車場については、午後2時の水戸市民球場発が最終便になる。ツインフィールドは第2試合終了の約1時間後まで運行する。

茨城新聞社