ここから本文です

元住吉に徳島ラーメン店「ぱどる」 店主「故郷の味知ってもらいたい」  /神奈川

7/8(土) 8:30配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 元住吉のブレーメン通りに7月6日、徳島ラーメン店「ぱどる」(川崎市中原区木月3)がオープンした。(川崎経済新聞)

「食べると阿波踊りの音色が聴こえてくる?」というコピーの「ぱどる」の徳島ラーメン

 店主の坂井征史さん(36)は、徳島県の石井町出身。ラーメン店で修業を重ね、以前に元住吉で働いていたこともあり、人でにぎわうブレーメン通りに出店を決めた。

 徳島ラーメンの特徴は「おかずラーメン」「すき焼きラーメン」と呼ばれる濃厚な味付け。チャーシューの代わりに甘く煮た豚バラスライスを使い、生卵を落として食べる。開店日に食べに来たという近所で働く男性は「スープが甘いのかと思ったら、甘いのは肉だった。初めて食べたけれど美味しかった」と話す。

 坂井さんは「僕の故郷で愛されるラーメンの味を広めたい。ここに店を出すことを決めたら、地域の人が気にしていろいろと助けてくれ、とても温かい町だと感じた。地域で愛される店にしたい。一生懸命作るので、是非食べに来て」と呼び掛ける。
 
 営業時間は11時~無くなり次第終了。

みんなの経済新聞ネットワーク