ここから本文です

ルノー日産、年間シナジーが16%増の50億ユーロに 2016年度

7/8(土) 9:00配信

レスポンス

ルノー日産アライアンスは7月7日、2016年度のグループ全体の年間シナジーが、前年比16%増の50億ユーロ(約6490億円)に達した、と発表した。

アライアンスの2016年度のシナジーは、前年の43億ユーロから、50億ユーロへと増加。シナジーが7億ユーロ増えたのは、主に購買、開発、生産における業務の統合を推進した成果となる。

三菱自動車が2016年末、新たにアライアンスの一員となったため、2016年度の年間世界新車販売台数は、1000万台に到達。三菱自動車が加わったことで、共同購買や物流だけでなく、現地サプライヤーの拡大、生産拠点の共用、共通プラットフォーム開発、新技術の開発分担および成長市場や新興市場でのプレゼンス拡大から、さらなるシナジーが創出されることを見込む。

2018年度については、少なくとも55億ユーロのシナジーを創出する見通し。なお55億ユーロは、三菱自動車の貢献分を除いた額となる。

ルノー日産アライアンスのカルロス・ゴーン会長兼CEOは、「アライアンスにおける連携の拡大が、アライアンスのパートナー企業に大きな利益をもたらし、それが規模のメリット、技術の革新、イノベーションに反映され、ルノー日産アライアンス内で共有されている」と述べている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7/8(土) 9:00
レスポンス