ここから本文です

〔ロンドン株式〕小反発(7日)

7/8(土) 2:00配信

時事通信

 【ロンドン時事】週末7日のロンドン株式市場の株価は小反発した。FT100種平均株価指数は前日終値比13.64ポイント(0.19%)高の7350.92で終了した。
 FT指数は下げて始まったが、英鉱工業生産などのさえない各種指標を受けてポンド安が進むと買いが優勢になり、午前11時ごろにはプラス転換した。午後はおおむね小幅高で推移した。
 格安航空イージー・ジェットが5.35%高、航空エンジン大手ロールス・ロイスホールディングスもポンド安を受けて買われ、2.29%高。航空大手インターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)も2.03%高だった。一方、ディフェンシブ銘柄の郵便会社ロイヤル・メールは3.35%安。民放のITVは2.91%安だった。
 他の主な個別銘柄では、原油安を受けて石油大手BPが1.90ペンス(0.43%)安の444.00ペンス。金融大手バークレイズが1.00ペンス(0.48%)安の208.15ペンス。鉱業大手アングロ・アメリカンは5.00ペンス(0.47%)安の1051.00ペンス。

最終更新:7/8(土) 2:28
時事通信