ここから本文です

デフォーの“盟友”ブラッドリー君、7日に死去...小児がんで長い闘病生活を送る

7/8(土) 11:05配信

GOAL

6歳の勇敢なサンダーランドサポーター、ブラッドリー・ロウリー君が息を引き取ったことが分かった。

生後18カ月で小児がんを患い、闘病生活を続けていた6歳のブラッドリー君は16-17シーズン、サンダーランドのマスコット的な存在として、2016年12月のチェルシー戦にジャーメイン・デフォーとともに登場。また、同選手がイングランド代表に招集された2017年3月のリトアニア戦でもウェンブリー・スタジアムのピッチに姿を現していた。

しかしブラッドリー君は7日、家族に囲まれて6年間という短い生涯に幕を下ろした。

家族はフェイスブックに「家族が見守る中、勇敢な息子は7月7日の13時35分に天使と共に旅立ちました。彼は私たちの小さなスーパーヒーローで、壮絶な戦いに挑んでいました。今は何も言葉に表せないほどの悲しみに打ちひしがれています。支えてくださったすべての人に感謝します」と綴っている。

今夏ボーンマスに移籍したデフォーは、7月に入ってからもブラッドリー君のもとを訪れていたようだ。その後の会見で「彼はこれからもずっと僕の心の中にいる」と6歳の少年への思いを語っていた。

GOAL

最終更新:7/8(土) 11:05
GOAL