ここから本文です

史上もっともスポーティに? フォード フォーカスセダン 次期型をスクープ

7/8(土) 11:30配信

レスポンス

フォードのコンパクトセダン『フォーカス セダン』の次期型プロトタイプを初めて捉えた。今回アルプスで目撃した開発車両は新開発のプラットフォームが採用されており、市販型に近づいたものと考えられる。

[関連写真]

全長およびホイールベースは従来型から延長され、十分なキャビン内スペースを確保すると同時に、Bピラー以降のルーフラインがより滑らかになり、フォーカス セダン史上、最もスポーティーな仕上がりとなりそうだ。またリアオーバーハングも長く、トランクルームの容量アップも期待できるだろう。

室内を捉えることはできなかったが、以前スクープに成功したハッチバックのコックピットには、大型インフォテインメントディスプレイが装備されていたことを確認している。セダンにも同様の装備が採用されるだろう。

パワートレインは、140psを発揮する1リットル直列3気筒「EcoBoost」エンジン、150ps及び200psを発揮する1.5リットルエンジン、さらにハッチバックに設定されるEVの登場も期待される。

ワールドプレミアは2017年内が有力で、2018年1月から発売される見通しだ。


《レスポンス 子俣有司@Spyder7》

最終更新:7/8(土) 11:30
レスポンス