ここから本文です

永瀬正敏さん、台北映画祭で訪台 主演作「光」に満場の拍手

7/8(土) 16:41配信

中央社フォーカス台湾

(台北 8日 中央社)台北では現在、第19回台北映画祭(台北電影節)が開催中。7日夜には河瀬直美監督の「光」が上映され、主演の永瀬正敏さんが舞台あいさつと記者会見に臨み、14日の台湾公開を控えた同作品をPRした。

永瀬さんは自身のフェイスブックで、「会場は満員御礼!!エンドロールが上がり終わるのと同時に、会場から割れんばかりの拍手が、、、!!会場のすぐ横で待機していた永瀬も感激していました」というコメントをつづり、観客の反応に喜びを隠せない様子を伝えた。

台湾映画「KANO 1931海の向こうの甲子園」に主演したことで台湾でも人気のある永瀬さん。台北映画祭では「KANO」が2014年に観客賞を受賞、今年は「光」とアン・ホイ(許鞍華)監督の「明月幾時有~Our Time Will Come」、2本の出演作品が上映されるなど、同映画祭とは縁が深い。

(江佩凌/編集:塚越西穂)