ここから本文です

カナダから新たな怪物が出現…16歳デイビスがゴールドカップ開幕戦で2ゴール

7/8(土) 13:01配信

GOAL

現地時間7日、CONCACAFゴールドカップのグループA第1節、フランス領ギアナvsカナダの一戦が行われた。この試合でカナダは4-2で勝利を収め、見事開幕戦で勝ち点3を獲得している。

その中でも注目を集めたのはカナダ代表のMFアルフォンソ・デイビスだった。2000年11月生まれ、現在16歳のデイビスはスタメンで先発出場を果たすと、60分にカウンターの場面で圧倒的なスピードを生かして相手DFを振り切り、GKとの一対一の状況で落ち着いてシュートを放った。

デイビスは85分にもダメ押しゴールを決め、この試合2ゴールで勝利に大きく貢献している。なお、デイビスのゴールはゴールドカップ史上最年少の得点記録となった。

同選手はリベリアにルーツを持つが、両親が第二次リベリア内戦から逃れるために難民キャンプを転々としていたガーナで2000年11月に生まれた。5歳の時に家族でカナダへ亡命し、その後はエドモントンで育ったという。

2016年には所属するバンクーバー・ホワイトキャップスでトップチームに昇格。今年6月にカナダの国籍を取得したばかりで、その直後にカナダのフル代表に史上最年少で選出されていた。

アルフォンソの2ゴールについて、複数のヨーロッパメディアは「カナダから新たな怪物が出現」と大きく報じている。

GOAL

最終更新:7/8(土) 13:01
GOAL