ここから本文です

サムズアップでいけばな作家の西澤希生さんがジャズ演奏とコラボライブ「花と音楽」 /神奈川

7/8(土) 13:41配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 横浜駅西口のライブスペース「サムズアップ」(横浜市西区南幸2)で7月9日、いけばなとジャズのライブパフォーマンス「花と音楽 Special Collaboration Live」が行われる。(ヨコハマ経済新聞)

 主催は、横浜在住のいけばな作家の西澤希生さん。2014年に始めた「花と音楽」は、音楽の生演奏を聴き、フードやドリンクを楽しみながら、花を生ける空間をつくるイベント。

 3回目を迎える今回は、須田晶子さん(ボーカル)、吉野悟さん(ギター)、成田祐一さん(ピアノ)、小川恵理紗さん(フルート、ビートボクシング・フルート)によるジャズ演奏とコラボレーションし、ステージ全体を使ったいけばなライブを披露する。焼き物を使った「土灯り」を由楽さん、映像をカシマサフミさんが担当する。

 西澤さんは、1978年横浜市生まれ。師である母のもとで幼少期から草月流を学び、2010年に「atelierDew」を立ち上げ、ディスプレーワーク、ウェディング、アレンジメントなどのさまざまなアートワークを展開している。

 西澤さんは「『花と音楽』はいけばなで何ができるのかを模索し続ける自分のライフワーク。回を重ねる度に新たな可能性を感じている。植物も音楽も時としてほんの一筋の希望になる。何気なくいつも日常に寄り添っている植物と音楽を、あらためて濃く感じ、その生命力とうねりを五感で楽しむことで心がのびやかになる。鮮やかな緑と共に人や音や植物、全ての生命力が踊る、揺らぐ、およぐ。そんなすてきな時間を一緒に体感して頂けたら」と話している。

 開催時間は18時から(17時開場)。チケットは前売り3,300円、当日3,800円。

みんなの経済新聞ネットワーク