ここから本文です

白血病と戦うウォルヴァーハンプトンGKイケメに著名GKが励ましのメッセージ

7/8(土) 15:20配信

GOAL

ウォルヴァーハンプトンに所属するナイジェリア代表GKカール・イケメは、急性白血病を患っていることが明らかになった。

所属クラブのウォルヴァーハンプトンの公式発表に伴い、著名GKがこの後闘病生活を送るイケメに励ましの言葉を掛けている。

バルセロナのドイツ代表GKアンドレ・テア・シュテーゲンは「すべてのスポーツ選手は常にケガと隣り合わせでプレーしている。メディカルチェックも常々受けているが、病との戦いと聞くと、他人事とは思えない。イケメの家族は気持ちを強く持ってほしい。チームメートや所属クラブ、ファンのみんな、誰もがあなたの回復を願っている。GKとしていつも冷静な気持ちで戦ってきたように、穏やかな心を保ってほしい。あなたを信じている、カール」というメッセージをSNSで発している。

また、リヴァプールのドイツ代表GKロリス・カリウスも「イケメの病気の知らせを受けて悲しく思っている。私たちはあなたを応援している」と自身のTwitterでコメント。

スペイン代表GKダビド・デ・ヘアは「すべてのGK、サッカー界の関係者はあなたとともにある」とメッセージを送り、イケル・カシージャスは「強く気持ちを持って。あなたに大きなハグを送る」とコメントしている。

チェルシーのベルギー代表GKティボー・クルトワも「イケメは気持ちを強く持ってほしい。あなたはきっとこの戦いに勝ってくれるはずだ」と述べ、イケメに励ましの言葉を寄せている。

GOAL

最終更新:7/8(土) 15:23
GOAL