ここから本文です

行列ができるほどの人気を集めたスマートフォン「W-ZERO3」

7/8(土) 6:25配信

ITmedia Mobile

 ITmedia Mobile編集部で発掘された、思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、ウィルコム(現ソフトバンク)のシャープ製「W-ZERO3」です。

【キーボードを開いたところ】

 W-ZERO3は、Windows Mobile 5.0を搭載した“スマートフォン”です。発売された2005年はケータイ全盛の時代だったので、全く新しいタイプのデバイスとして、多くの注目を集めました。

 3.7型のVGA(480×640ピクセル)液晶とスライド式QWERTYキーボードを搭載しており、「携帯電話」と「小型PC」を兼ね備えたデバイスを目指して開発されました。PC的な機能として、添付ファイル付きメールの送受信、PCブラウザ、Officeファイルの閲覧と編集などにも対応。カメラはAFなしの133万画素CMOSを搭載しています。

 PHS通信モジュール「W-SIM」と無線LANを内蔵しており、音声定額の「ウィルコム定額プラン」や、インターネットの定額サービス「データ定額」を利用できます。

 予約開始日には量販店に行列ができるほど人気を集め、ガジェット好きの心を揺さぶりました。

「W-ZERO3」の主な仕様

・発売日:2005年12月14日
・キャリア:ウィルコム
・メーカー:シャープ
・サイズ:約70(幅)×130(高さ)×26(奥行き)mm
・重量:約220g
・メインディスプレイ:タッチパネル対応3.7型VGA(480×640ピクセル)TFT液晶 6万5536色
・アウトカメラ:有効約133万画素CMOS
・ボディーカラー:パールホワイト、ガンメタリック、ブラック、シャンパンシルバー

最終更新:7/8(土) 11:34
ITmedia Mobile