ここから本文です

(土俵 時を超えて)碑に刻まれた北の湖の言葉 大相撲

7/8(土) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 ■1974年名古屋場所、最年少で横綱に

 60回目を迎える名古屋場所。地方場所の中で最も歴史の浅いこの地で、初めて横綱昇進を決めたのが北の湖だ。43年前。21歳2カ月の最年少記録は、いまも破られていない。
 名古屋市熱田区にある白鳥山法持寺。仁王門をくぐると、すぐ、高さ1メートルを超す石碑が目に入る。
 うん ほんまに横綱になったんや 母ちゃん
 1974年7月24日、横綱昇進を決めた北の湖の言葉が刻んである。当時、三保ケ関部屋の宿舎だった法持寺で伝達の使者を迎えた後、故郷北海道の母テルコさんに本堂の赤電話から伝えたのだそうだ。……本文:2,682文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社