ここから本文です

早実・清宮が選手宣誓「私たちは野球を愛してます」

7/8(土) 13:32配信

東スポWeb

 早実の怪物スラッガー・清宮幸太郎内野手(3年)が8日、神宮球場で行われた、第99回全国高等学校野球選手権大会・東西東京大会の開会式で選手宣誓を務めた。

 春季東京大会優勝校主将として「宣誓、私たちは野球を愛しています」と高らかに宣言すると、よどみなく以下のように続けた。

「私たちは野球に出会い、野球にみせられ、野球によって様々な経験を重ねてこの場所に立っています。いよいよ今日から、夢の舞台へのたった一枚の切符を得るための戦いが始まります。私たちは東東京・西東京の頂点を競うライバル同士ですが、同時に同じ夢を追いかける同志でもあります。青春の全てをかけて戦うことができる幸せと喜びを、支えてくれる全ての皆さまに感謝しながら、野球の素晴らしさが伝わるよう、野球の神様に愛されるように全力で戦うことをここに誓います」

 開会式を終えた清宮は「野球は運も味方につけないと勝てない。正々堂々、フェアプレーでやれば野球の神様も味方してくれる。(野球は)好きというより、愛してるので。もっと、より重い言葉を使った」と説明。

「思ったよりも緊張しなかった。100点じゃないですかね」と笑顔を見せると「もう一回、優勝旗を取り返そうという気持ち。今まで以上に暴れて早実の大会にしたい。甲子園に行くのが自分の目標です」と表情を引き締めた。

 第1シードの早実の初戦は15日、ダイワハウススタジアム八王子で行われる。

最終更新:7/8(土) 14:08
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/28(金) 12:25