ここから本文です

ペットと避難所、運営どうする? 静岡県が研修会

7/8(土) 8:10配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 静岡県は7日、災害発生時に避難所でペットの飼育管理を支援する「災害時動物愛護ボランティアリーダー」の研修会を県庁で開いた。ボランティアリーダーや保健所職員、県動物保護協会の職員ら約60人が参加し、ペット同行避難を想定した避難所運営シミュレーションに取り組んだ。

 震度7の地震が発生し、小学校に避難所を開設。参加者はペットを連れて避難してきた―との設定。参加者は8グループに分かれ、飼育スペースの確保▽次々とやって来る同行避難者への案内▽ペットへの苦情対応―などの課題と向き合った。飼育スペースの確保では、「人間がいる場所とは一定の距離を置く」「犬はつなぐ場所がある遊具スペースで飼う」「サッカーゴールにブルーシートをかけて即席の屋根を作る」などと意見を出し合い、同行避難に必要な配慮や工夫を学んだ。4月1日時点のボランティアリーダー登録人数は8市3町で計27人。

静岡新聞社